忍者ブログ

扉の間-メインドア

扉の間のメインサイトのブログ。更新からつぶやきから愚痴に至るまでの困ったちゃん。

[42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

他人を戸惑わせるような善意



タイトルは、某ミステリー系チャンネルで放送中「ミス・マープル字幕版」の台詞より。
意味がまったくわからない人はなかなかいないと思う(そう思いたい)けれど、世の中はそういうもので溢れているものなのだろうという気がする。

だって、突然善意を向けられたら戸惑うでしょう?

たとえば、それが通りすがりの人だったり。
会社の人に「似合うね」って服を褒められたり。
知っている人が相手でも戸惑うことがあるのだから、まったく知らない人に親切にしたりされたりすると、きっと戸惑うだろう。
なぜなら「幸福に対する責任」が生じるから。

これは、某運命論的(だと勝手に思っている)シンクロ系漫画で言っていた事だけれど。
幸福を得る為には、それに伴う様な引き換えとなる様なものを人は勝手に背負い込むから。らしい。
いきなり100円(程度)を貰う人と、いきなり1億円(程度)を貰う人ならば大抵の人は100円を選ぶだろう。
100円(程度)ならば気兼ねが不要だし、もしかしたら金品を得る事で何らかの要求をされるかも知れない。でも、きっと100円(程度)ならば無茶な要求はされないだろうし、仮にされたとしても拒否をするのに強気になる事が出来る。例え使用済みでも、穴埋めできる程度の金額だから。でも、1億円(程度)では話が違う。
ただ、この仮の話には一つ特徴があって。
やはり、これは仮の話なのだ。
前提として、相手とか理由とか背景とかがまったく設定されていない。
だから、考えるだけ無駄な話。

とか、色々連ねてしまうのは。
ちょっとばかり、息をつきたいと思っているから。
なのかも知れない。


もともと、僕は情緒不安定だ。
常に一定ではないと言う意味からすれば、不安定である事が安定しているともいえる。
近年の血圧や体温の数値並みだと自己推論。

元来、僕の体温は平常値で36.8。そうなれば、食事の一つもすればあっと言う間に37度を超える。
とは言っても、流石に37.5度になると平常とは言えなくなるのだけれど。体温の上下はアップダウンが激しいけれど(普通はそうだ)、ふり幅が基本的に短いのが特徴。けど、近年は本当に細胞から崩れ落ちてるのではないかと言う気がする。。。流石に、去年なんて入院までしたしね。
血圧だって、高校生くらいは割りと普通にちょっと高めな程度だったけれど今ではすっかり低目の血圧さ。
こう言う事が続いたからだと言うのは言い訳だとは思うけれど、それでも思う事がある。
いつか、いた会社の社長の内縁の奥さん(と書くと変な感じだが、別に不倫とかではない。単に、社長が彼女の好みや納得できるプロポーズをしない為に断られ続けていただけだ。今は交流がないから知らないけれど)に言わせると僕は「精神的な潔癖症」で「精神的なお嬢様」らしいから、そう言うのも理由の一つなのかも知れない。
どういう事かをはっきり言うと、知り合いから蹴りをくらいそうな気がするから。
読んだ人は各々の好きな言葉で勝手に想像してくれて構わないのだけど。。。(まあ、ブログってそう言うものだし)
そう言う点から考えても、僕って意外と自爆型?(意外でもないか)
まあねえ、言われたけどね。
「君の背負っているものってとても重そうだ」
言ったのは女性ですよ、男性じゃないですよ、そこは残念がっちゃだめですよ?
だって、だから僕は男性恐怖症ってわけじゃなくて。
人嫌悪症の方が近い人類恐怖症なんですもの。

少なくとも、知っている人に向けた善意で驚かれたり。
声をかけただけで怯えられたり(職場)<事実
よく知らない人から褒められたり。
電車が「さまざまな事情」で止まったりすれば嫌悪感と無関心を覚えるし。
香水やタバコやおしゃべりや邪魔な足で目つきが悪くなるし。
上司のパワハラをいつホットラインにちくってやろうかとわくわくする。
その程度には、世界と関わらずには生きられないのが心から悲しい。
いっその事、一日中でもテレビとパソコンと本とDVDと睡眠とお風呂と少しの食べ物だけで過ごせれば良いのにと思う程度に引きこもり希望。
ああ、でも軍曹と冬樹君の友情とか。
リナとガウリイの掛け合いとか。
ナルと麻衣ちゃんの二次的恋愛とかは。
見ていてうれしくなるな。趣味がばれるけど。



時々、ミス・マープルって残酷な気がする。正確には、ミス・マープルの見せ方。
外見がおばあさんだからかも知れない。時々、魔女と呼ばれているのも理由の一つかな?(原作は読んでいないが、モデルは原作者クリスティの祖母だという話)復讐の女神ネメシスであり、正義を尊ぶ人。性別さえ違えばとんでもない事になっていただろう事は言うでもないけれど。まあ、すでにとんでもない人だし。
そう言う意味からすれば、フランス語のチョビ髭おやじハンプティ・ダンプティのポアロや、今度は映画で若返ってアクティブに復活な大英帝国が誇る英雄ホームズの方がよほど得をしているかも知れない。外見や普段の言動で、ある程度は辛辣な事をしても「まあ、この人だしね」で終わるから。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Mが気兼ねするの

Mが気兼ねするの?

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

maybe sometime HOME 実際と正直の話

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[11/22 BlogPetのねこ]
[11/01 BlogPetのねこ]
[10/18 BlogPetのねこ]
[08/31 BlogPetのねこ]
[08/23 BlogPetのねこ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Tama Ninja
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
とりあえず、性格は身勝手なので猫って事にしてください。

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

カウンター

お天気情報

アクセス解析

アクセス解析

カウンター

アクセス解析

FX NEWS


-外国為替-

忍者ブログ [PR]