忍者ブログ

扉の間-メインドア

扉の間のメインサイトのブログ。更新からつぶやきから愚痴に至るまでの困ったちゃん。

[26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

喧嘩を売ったと言う事実

 僕も血気盛んなお年頃だった時がある。

 誰だよ「今は考えなしだよね」とか画面のそっち側で呟くのは……。
 こう見えても、最近知り合った人の7割は「いつも笑ってて怒った顔が想像つかない」とか言われちゃうんだぞ。不本意っぽいけど。どんな風に見えてるかなんて知ったことじゃないけどさ。
 「リビドーくらいある」って、どこぞの秀才魔女と同意権だし。<って、これが判る人は案外居るのだろうか?

 理由こそ忘れたが、中学校の時に理科室で同じクラスの男子生徒を相手に立ち回りをしたことがある。
 なんでだろう?
 苛められた事なんて、それこそ結構いまさらだった気がするが……。
 ちなみに、そいつ(当時の身長は120センチくらいだったのですかねえ?)に怪我をさせないように引きずり回した事があります。今でこそ「怪我の一つもさせればよかったかしら?」とか思わないでもないけれど、考えてみたら暴れまくっても怪我一つさせなかったのだから理科の先生はお咎め無しにしたのだろうなと思います……あれ、小学校だっけ?
「女は泣けば済むと思って」
 そんな風に言った男子生徒が言ったけれど、どいつもこいつも笑って止めなかった(様に見えた)奴らが何を言ったところで「お前ら同罪だから」と思うのは聞かれない限り言いません。
 あ、でもこれって喧嘩を「売った」と言うより「売られた」って言うのが正しいや。

 昔、二股をかけられたと泣いた二人の女性の代わりに怒って。
 結果的に対象者である男性と静かな喧嘩をする羽目になりかけて、でも結局さらし者っぽい状態にした挙句放置プレイにまで持ち込んだことがある……理由は、いくつか。
 一つは、その当事者である女性の片割れが「もういい」と言ったから。
 もう一つは、当事者の野郎が送ってきた手紙があまりにも「社会人として問題点がありすぎるというより、小学校からやり直して来い」と言う代物だったから。文章に関してはよそ様の事を言えた義理ではないけどね、あれよりはマシだと思うん。
 さらに言えば、そいつにかかわってるほど暇ではなくなってしまったから。
 当時、個人的家庭の事情(個人的ではない家庭の事情は少ないかと思われるが)によって一時期引越しをしたりしていた事があったと言う事実を前にするとか。あとは、そいつが下手すると警察に捕まりそうな事を自慢気にしていたりした事があるとか……まあ、せいぜい窃盗くらいの罪に値するのだろうが。身分査証まではにはならないかと思われる。
 考えてみたら、そいつらのおかげでジャンル一つ分の交友関係断ち切ったのよね……思い出したら疲れる。
 ああ、もったいないかも知れない。面倒がなくなって楽になったのかも知れない。
 それは、消えうせたもう一つの未来。

 ここ5年以内前のこと。
 実は、記憶が最新なのだから当然ではあるけれど一番バラエティに飛んでいる時期かも知れない。
 それでも、高校時代にお友達関係を築いていた奴とはそろそろ「お前にむかついてるの飽きた」とやっと言える時期になりかけている……あと1年かな? あっちが覚えていればだけど。でも、あれは9年前だから入らないな、ちょっと違うけどまあいいや。
 たぶん、好きになった人と好きになってくれた人が居た時期だった。過去形にするのは、答えを知っているからってだけの話。おかしなもので、答えを求められる事はあっても答えを提示すると嫌がられる……それで証明問題なんぞ強要されたら「やってらんねー」って一言で済んだな、今のところ。
 目の前で泣いた人、その人を泣かせる間接的な原因となった人に「この子に何をしたの!」って食って掛かった過去がある……すみません、実は誤解がたぶんに含まれていました。謝罪を「すっかり」忘れていたのは僕の個人的ミス以外の何ものでもありません。
 いや、相手も「子」って年齢ではなかったけれどさ。当時ですでに。

 ま、どっちにしても言える事は。
 君の未来に僕は居ない。
 と言う事、だな。

 昨日、母上が言いました。

母上:「あんた、明日お昼作って」

 いきなりの事でよくわけが判りませんでしたが、後で聞いたところによるとこんな感じ。

親父殿:「お母さん、どうやら帯状疱疹か肋間神経痛みたいなんだよね」

 全然違う病気です。
 ただ、共通点はあります。
 どちらも「心身のいずれかが弱体化した事による抵抗力の低下に伴って感染する病気」です。
 体にぶつぶつが出来たら、つぶしてはいけません、
 体の中側が痛くなったら、触ってはいけません。
 まずは「医者に行く」のがベストです。
 ここで、間違っても「気力で治す」とか訳のわからないことを言ってはいけません。
 そんな輩は「イマジンに取り憑かれてしまえ」と言っておきます。
 うちの母上の場合、年齢が年齢ですから色々と併発しているものがあるのでしょう。もう時間が残り少ない以上、出来れば多少は持ってくれるとありがたいのですが……あと20年程度は、そうしたら気楽になれるのですが。

 だって、蚊に食われる程度には。
 とても怖いことなのだから。
 

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

きのうねこが、想

きのうねこが、想像しなかった。

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

人の「つぼ」って奴について HOME ま、人間開き直りが肝心って事じゃないですか?

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[11/22 BlogPetのねこ]
[11/01 BlogPetのねこ]
[10/18 BlogPetのねこ]
[08/31 BlogPetのねこ]
[08/23 BlogPetのねこ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Tama Ninja
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
とりあえず、性格は身勝手なので猫って事にしてください。

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

カウンター

お天気情報

アクセス解析

アクセス解析

カウンター

アクセス解析

FX NEWS


-外国為替-

忍者ブログ [PR]